株で稼いだお金に税金はかかるの?と疑問に思った方はいませんか?株をやるなら確定申告についてしっかり押さえておきましょう。

嬉しい男性
  • ホーム
  • 株で損した時こそ確定申告すべき

株で損した時こそ確定申告すべき

日本円

株は思わぬところで大儲けしたり大損したりします。
株価の予想サイトと自分の考えを照らし合わせることがうまくできず結果的に大損につながるケースがあります。
投資活動に慣れてき始めの時が一番危険な時期でしょう。

また、特に仕手株の値動きなどは急に起こるので注意が必要です。
そんな株で大儲けすれば確定申告をして納税しなければなりません。
もしもしなければ税務署から調査が入って、最悪の場合には本来納めるべき税金よりも高い税金を納めなければならないことになります。

ですから、得したときには確定申告をするのが普通ですし、最近では特定口座がありますから納税も簡単です。
損をしたときには納税の義務はありませんから、確定申告をする必要はありません。

しかし、した方が良い場合が多いと言えるでしょう。
その理由は、損失繰り越しができるからです。
例えば、1年目が100万円の赤字で、2年目が150万円の黒字だったとしましょう。

この場合、1年目に確定申告をしなければ、2年目は150万円の利益として確定申告をしますから、税率が20%とすれば30万円を納税しなければなりません。
しかし、1年目に損失が発生したことを確定申告しておけば、2年目の利益から控除することができます。
つまり、2年目は150万円を稼いでいるにもかかわらず、1年目の100万円の赤字を差し引くことができて、50万円の利益として納税することになります。
税率が20%なら、10万円の税金を支払えば良いわけです。

この例では、20万円も得をしていることになります。
このようにして、損失を翌年に持ち越して控除できる制度を損失繰り越しと呼びます。
損をしたから、もう株の取引をやめるというのなら、わざわざ確定申告をする必要はありませんが、次の年も続けるというのなら、損をしたときこそ確定申告が必要になると考えておくべきでしょう。
ただし、NISAで取引をしている場合にはその例外で、NISAの場合にはもともと税金がかかりませんから、確定申告をしても損失繰り越しはできません。

関連記事